本文へスキップ

確実に借りれる金融会社

審査基準の緩い中堅消費者金融業者がねらい目です

もしも貴方が現在、借金ゼロで年収が300万円以上あるならば、間違いなくどの種類の消費者金融でも借りれることでしょう。審査で落とされる要素はありません。一番審査が厳しいとされる大手銀行系カードローンでも問題なくキャッシング可能です。

しかし、他に借り入れがあるならば、若干話は変わってきます。借入件数にもよりますが、他の消費者金融からの借入がある時点で、審査で警戒をされてしまいます。借入状況については、信用情報機構の個人情報によってすべて把握されてしまいます。いくら申請書に現在の借り入れ総額を少なく記入しても、すぐにバレてしまいます。

そして、他社からの借り入れ件数が3件を超えていると、大手や一部の中小消費者金融では審査に落とされてしまうでしょう。なぜならば、借入件数が3件以上ともなれば多重債務者扱いとされてしまうからです。

審査承認率

上記の図表を見れば分かるように、大手金融会社は借入件数増えるにしたがって、審査の通過率が極端に低下しています。これは大手が融資の対象を、借入の少ない優良客に絞っている故であり、借入の多い多重債務者ははなから相手にしていないのです。

複数借入者は金融業者側からみれば、貸し倒れの危険が高くなるので、融資をするにしても慎重になることは当然のことなのですが。

金融会社を選ぶ際のポイント

お金がどうしても必要な時は、藁をも掴む思いに駆られてしまいます。まずはお金を借りることのみを優先してしまい、面倒な審査よりも容易に貸してくれる消費者金融業者を選んでしまうケースも少なくありません。

そういった場合、大抵は損をしていることが多く、たとえばもう少し低金利で借りれたものを高い金利で借りてしまっていたり、あるいはもっと最悪なのは違法業者に騙されたりすることもあります。

以下の項目に該当する金融業者は回避することが賢明です。

  • 0貸金業登録をしていない金融会社
  • 0貸金業登録番号の先頭が(1)の番号の金融会社
  • 0法定金利以上の金利を要求する業者
  • 0ガラの悪い社員がいる業者

いくら借入審査が甘くても、違法業者であってはその後の取り立て行為を考えれば絶対手を出すべきではありません。どうしても急なお金の入り用であったとしても、借り入れの際は慎重に金融業者を選択すべきです。そして、審査に通る範囲で、少しでも金利が低い消費者禁輸を選びましょう。

消費者金融一覧

違法業者の見極め

融資を受けるにはご自身の利用目的に応じた商品を選ぶ事が重要であり、何のためにどれくらい資金が必要なのか冷静な判断が求められます。中には闇金のような悪質業者も混じっていますので、よく見極める必要があります。甘い広告に惑わされず、ネットなどに掲載されある掲示板の口コミ情報なども参考にして、判断されるべきでしょう。

お金の深刻な悩みに付け入り、悪質な契約を結ぼうとする違法な業者は残念ながらいつの時代も必ず存在するものです。日本国内には多重債務や借金に悩む方が200万人以上いると言われております。違法業者の勧誘方法として、DMなどで超低金利にて融資を持ちかけてきます。通常借り入れ審査の際には信用情報機関に問い合わせをします。

銀行では「全国銀行協会(略称:全銀協)」といって銀行、各金融機関はそれぞれ歴史があり信用情報の共有は行われなかった経緯があります が、昨今の多重債務者の増加への対応として全銀協/CIC/全情連の3社間で提携を結んでいます。信販や流通系のクレジットカード会社などは最も多く「CIC」に加盟しています。闇金融などの業者は非合法業者なので信用情報機関を利用することは通常ありません。

しかし 返済を延滞すると、脅迫や嫌がらせを平気でしてきます。登録番号が明示されてなかったり、おいしい話ばかりを誇張しているようなダイレクトメールやチラシは、ほとんどの場合ヤミ金業者なので、一切関わらないようにしましょう。

0借入件数の現状に応じた融資先一覧
消費者金融一覧

全国対応

借りやすいのは大手カードローン

複数借入者にとって、大手銀行系のカードローンは高嶺の花といっても過言ではないでしょう。借入件数が4件以上の複数借入者では、絶対に借りれないのが大手カードローンです。銀行カードローンの最大の魅力は、何といっても超低金利にあります。

中小規模の消費者金融が年利18.0%で貸し出しているのに対し、大手カードローンは平均4.0%で融資をしています。無担保無保証での融資を考えれば、驚くほどの低金利です。

複数借入者の方は、こういった銀行系のカードローンで借りれるよう少しでも借入件数を減らしていきたいものです。

お勧めキャッシングlinks